事前の準備や情報をしっかりと見極め、飲食店開業まで繋げましょう!

個人店なら事業計画書をしっかり練ろう!

飲食店経営で重要!FLコストとは?

飲食店経営で需要な「FLコスト」について詳しく見ていきましょう。
FLコストとは、「Food and Labor cost」の略で、Food=材料費・labor=人件費を合算した数値のことです。
FLコスト=F(材料費)+L (人件費)
材料費と人件費が飲食店経営において、支出が多くなるため、いかにコストを抑えるかがカギになってきます。
コスト削減のために工夫すべきこととして、スタッフの育成が上げられます。
短期的にではなく、長期的に見て、お客様に満足して貰えるような、サービス向上へ繋げるための育成が必要です。
また、労働時間をコントロールし、時間別にきちんとシフトを組むということも重要です。
もう一つ人件費削減となる事柄として、通信機器や電子端末のIT機器を取り入れるというのも良いでしょう。

FL比率を理解して経営方針を決めよう!

「FL比率」で儲けが出ているのかどうかがわかります。
基準値は約50%と言われていますので、FL比率を50%以内に抑えるようにすると、うまく経営が成り立っているという目安になります。
FL比率=〔F (材料費)+L(人件費)〕

目安は以下のようになります。
1.FL比率50%以下→材料費・人件費が高水準に保たれています!最優良店です!

2.FL比率50%~55%→現実的にはこの比率を目指すと良いです。優良店と言えます。

3.FL比率55%~60%→主に、人件費のバランスがうまくいっていない店舗に見られる比率です。
一般的な比率ではありますが、注意が必要です!

4.FL比率60%~65%→材料費・人件費共にバランスが崩れていると言えます。
改善が必要な、やや危険…な店舗です。

5.FL比率65%以上→経営破綻の兆候が出ている状態です。早急に材料費・人件費の改善が必要です!


シェア
TOPへ戻る