事前の準備や情報をしっかりと見極め、飲食店開業まで繋げましょう!

居酒屋における、個人店とチェーン店開業の利点とは?

アットホームがウリ!居酒屋個人店

最近では、男性だけでなく、女性の「ひとり飲み」も増えてきました。
ひとり飲みの場合、チェーン店のような雑然とした雰囲気よりも、小さな個人店の方が魅力的に感じることもあるでしょう。
チェーン店とは違った魅力のある個人店で、まずは客層をしっかりと調査し、出店・開業することが大切です。
それでは、個人店の経営メリットについて見ていきましょう。

・アイデア次第で、色々なメニューが出せます。
和食、洋食、中華の枠にとらわれず、簡単で、かつ、おいしい一品料理など、材料費を抑えたメニューなど自由に作ることができます。
・チェーン店にはない、ひとり飲みのお客さんが来やすい雰囲気を作れば、客単価は低くとも、リピーターとして常連客になってくれるというメリットがあります。

知名度の高い、チェーン店居酒屋

最近の居酒屋チェーン店は、それぞれに特色を出しているところが多いです。
例えば、新鮮な海鮮や、地鶏を使ったこだわりの焼き鳥、などをウリにしているところなど様々です。
個人店に比べると誰もが入りやすく、数名で飲むといった場合に来店することが多いでしょう。
経営するにあたり、そのメリットをご紹介します!
・駅前など、人目のつく場所にオープンすることが多く、ブランド力もあるため、集客しやすいです。
・ネット予約やIT端末を用いるため、間違いが殆どなく、簡単に管理するシステムが整っています。
・他のチェーン店と同様、本部で全ての材料を仕入れるルートがあるので、原価を安価にできます。
・店のクオリティ、メニューなどが分かりやすいため、初めて来店する客層でも安心感があります。
大人だけでなく、ファミリーもターゲットにしたファミレスのような居酒屋も増え、今後も収益が期待できる店舗が多いです。


シェア
TOPへ戻る