個人店・チェーン店どちらが儲けやすい?

事前の準備や情報をしっかりと見極め、飲食店開業まで繋げましょう!

経営攻略に必須!FLコスト・FL比率

開業するにあたり、チェーン店の場合、元々の技術や技能を提供してもらえるため、個人店開業よりもスムーズに開業できるといったメリットがあります。
個人店の場合には、まず、事業計画書を練らなければなりません。
事業計画書とは、開業するとき、銀行からの融資を受ける際に必要になり、また、自治体からの補助金申請などを受ける際にも必要になります。
そのためにも、しっかりとし事業計画を練っておかないと、融資が受けられないといったことも出てきてしまいますので、注意が必要です。
事業計画書に記載する内容で、重視すると良い事柄を見ていきましょう。

1、事業者のプロフィール
これまでの職種、経験など、事業を成功に導くことができるという可能性が見えるプロフィールにすると良いでしょう。

2、理念・目的
ファミリーに喜んでもらえるような、地域の方の憩いの場に…など、具体的に熱意が伝わる内容にしましょう。

3、売り上げの予測
顧客層、立地などから細かく調査して、予測しましょう。

4、損益計算書の予測
どれだけ利益を生むことができるのかを予測しましょう。
仕入れ方法など、どれだけ原価がかかるかなど、コストの予測が必要です。

このような内容を練って、事業計画書が出来たら、次は物件探しです。
駅近や人通りの多い場所など、優良物件はすぐに抑えられてしまいますので、根気よく行わなければいけません。
そして、資金の問題もありますので、そのためにも、事業計画書は重要になってきます。

個人店なら事業計画書をしっかり練ろう!

長期的に、安定した売り上げを保つためには、どのようなことが必要でしょうか? 売り上げだけではなく、経費とのバランスをコントロールすることが重要です。 その指針となるのが、FLコスト・FL比率と呼ばれるものです。 この2つについて、詳しく見ていきましょう。

今や国民食のラーメン店!どちらが儲けを出せるでしょうか?

日本では、蕎麦屋よりもラーメン屋の方が多いと言われています。 そのため、街ではチェーン店・個人店、その両方をよく見かけます。 それだけ多くのラーメン店が出店しているということですが、各々、どれだけの儲けがあるのでしょうか? また、どちらの方が利益を生むことができるのか、リサーチしたいと思います。

居酒屋における、個人店とチェーン店開業の利点とは?

居酒屋は、ラーメン店のようにお客さんの回転率が高いわけではありません。 むしろ、カウンター席・テーブル席ごとの単価を、いかに上げるかがカギとなってきます。 居酒屋ならではの、飲み物のおかわりで単価アップ、また、「追加のお飲み物はいかがでしょうか?」と接客による単価アップなど、工夫が必要です。

TOPへ戻る